永遠の憧れの前髪

わたしは安室奈美恵さんに永遠に憧れている

幼い頃にみた

ステージ上で踊って歌う、キラキラと輝くその姿が

私の夢になったのだ

小学生の頃、ライブの映像を何度も何度も見て

擦り切れるほどみて

ダンスや歌や仕草、喋りかたを真似た

激しいダンスで顔にかかる髪

歌詞を間違えた時に髪をかきあげる仕草

走りながらなびく前髪…

そう

あの前髪は私の永遠の憧れなのだ

おでこの出るあのなびく長い前髪が…

小学生の頃、もちろんロングにして前髪だって伸ばした

ただ、なぜだか…

全く違うのだ

もちろん根本的な容姿の問題は

別の問題として置いておくが

まるで私の前髪は「のれん」なのだ

あの頃にいたずらな男の子がいたら、きっといじられただろう

「ママやってる?」って

幸いなことにそんな男の子はいなかった

そんな、「のれん」前髪では授業だって集中できないのだから、私の母は前髪からきっちりと結わいてくれていた

ただそれは私のなりたい前髪じゃない…

そんな思いを持ち続け

大人になった私の永遠の憧れは

未だにあの前髪なのだ

大人になったって髪の生えかたは変わることなく

まっすぐと素直にしっかりと生えてくれている

中学の同級生が私の美容師なのだが

いつもミリバールのメグのヘアスタイルをつくってくれていて、とても信頼できる友人でもある

理想の髪型に向けて伸ばしている前髪を見て

「あんたは短い前髪がよく似合うよ」と

私の思いとは裏腹に前髪を切ってくれた

自転車に乗った帰り道

1つだけ分かったこともある

今日はいつもよりずっとずっと世界が広く見えるのだ

心地よい風が

この短い前髪にふれ

永遠の憧れはまたそっと離れて行った

メグ

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square